土地の選び方 購入前に地盤調査

地盤調査(SWS試験)を行いました。
実は、土地購入前です。

今回、ご希望の土地が高台だったので地下車庫を計画しておりましたが、地下車庫の工事は地盤によっては難しいケースもあるため、購入前に比較的簡易な地盤調査(SWS試験)を行いました。
建物は設計や工事でこれからつくっていくものですが、立地条件や既にある地盤の強度など、土地はつくることはできません。

SWS試験とはスウェーデン式サウンディング調査いいます。この地域だと、なまって?サウジング試験と言ってるような気がします。地盤面にハンドルとおもりが付いたの針のようなものをさして、25㎝刺さるのにハンドルを何回転させたかで地盤の強さを推定する方法です。建物の4隅+真ん中で計5箇所の調査で費用は3~5万円前後です。試験時間もだいたい半日ほどなので手軽に採用されています。

木造住宅でベタ基礎の場合、必要な地盤強度がだいたい20KN/㎡以上、重量鉄骨の場合は規模にもよりますがだいたい100KN以上必要です。※地盤の種類や改良や転圧など、ケースバイケースで建てる為には色んな方法があるため「だいたい」というあいまいな書き方をしています。

標準貫入試験(ボーリング)だと1箇所約30万~です。高いですよね。

土地は非常に高い買い物です。

こうして事前に調査することによって、購入後に地盤が悪くて地盤改良に何十万もかかるとか、掘ろうとしたら固すぎて工事に莫大な費用がかかる、などが防げます。

アークではこういった、家をたてるための土地購入に関してのご相談もお受けしています。

目次