車止めの石の撤去

駐車スペースの改修工事で、既存の車止め(自然石)を撤去します。

土間をカッター切りして、石を外して、モルタルで補修するやり方が施工しやすい一般的な方法だと思います。
しかし今回は!石を残して車止めを撤去します。
『補修しました』という仕上がりではなく、土間の中に石が埋まってるような仕上がりになる予定です。

まずサンダーで切れ目を入れます。土間より少し上でやってみます。
ホコリが出るので集塵機で吸いながら切っていきます。

先ほど切れ目を入れたところまでハツリでとっていきます。
ある程度とれたらまた切り込みを入れて、ハツリでとって、切り込み入れて、ハツリでとって、、、、。

土間に合わせてまっすぐ取れたら、石の表面を仕上げていきます。

思ったより土間との段差が残りそうなので、もう少し石を削ります。

再度、石を仕上げて行きます。

6個撤去完了です!

石がどれくらい埋まってるかとか、はつってるときに深くとれてしまったらどうしようとか、いろいろ難易度の高い工事でした。


職人さん、さすがです。ありがとうございます。家の歴史を感じられる仕上げが出来ました。

目次