アークの家 有限会社アークアソシエイツ

リフォームとリノベーション

最近良く聞くリノベーション。リフォームとの違いは何でしょうか?
どちらもお家の改修の時によく聞く言葉ですね。違いを説明します。

リフォームとは

お家も新築のときと比べると、少しずつ歳を取っていきます。

内装だとクロスが傷んだりめくれてきたり、設備だと機器の故障や配管の汚れの蓄積、外装だと紫外線による塗装の劣化などです。

こういう歳をとった部分を若返らせるのがリフォーム
クロスの張り替えや機器の交換、外壁や屋根の塗装などです。

歳を取ってマイナスになった部分を、ゼロの状態に戻すことを言います。
素材にもよりますが大体10年~20年くらいで、メンテナンス&リフォームを続けると、お家がずっと綺麗でいてくれます。

語源は英語の『reform:改革する・改良する』ですが、日本では衣服や建物を直す意味で使われています。
和製英語なので何となくは伝わるような気がしますが、英語圏では『remodel:作り直す』と言います。豆知識。

リノベーションとは

リフォームのようにマイナスからゼロではなく、プラスにすることをリノベーションと言います。
新築の時よりもデザイン性の高いもの、性能の高いものに造り変えることです。

中古住宅を間取りや配管をやり替えて一新し、今の生活スタイルに合った暮らしやすいお家に変える、などです。

歳をとったお家を形を変えて若返らせる、人間でいうと若返りだけでなく+整形のようなイメージです。
なので、リフォームよりも工事費用は高くなりがちです。

こちらも語源は英語。『renovation:更新する・刷新する』という意味で、建物の改築にも使われる言葉です。

イメージ的にも、リフォームよりリノベーションの方が規模が大きく感じますね。

満足できるリフォーム・リノベーションをするために

リフォーム・リノベーションは工事範囲にもよりますが、大がかりな工事が伴うことが多いです。

費用はもちろんのこと、リノベーションもリフォームもお家に住みながらの工事の場合、工事の予定のことや家事などの日常生活の中で多少なりともストレスがかかります。

また、1日の作業が終わって職人さんが帰ったあとに工事範囲を見てみると、やっぱりこうしたい!ということが出てくることがあります。

なので、工事業者が信頼できる・相談しやすい、ということが一番大切です。

正直なところ、エアコンや便器の交換など1日・1業者で済むことでメーカー保証が付いているものは金額で選んでも良いかと思います。

ただし購入する機器の選定や、他にどんな選択肢があるのだろう?ということを相談されたい場合は、やっぱり相談できる工事業者を見つけることが、満足できるリフォーム・リノベーションを行うための一番の近道です。

コラム

カーポート

カーポート

カーポートもたくさん種類があります。 よくあるポリカの屋根のものから、アルミでトラスを組んだり、工場の屋根のような折板を...
植木の再利用

植木の再利用

建物解体現場でお客様の了承を得て、植木を持ち出す作業をしました。大きくなった植木は解体時に処分されてしまうことが多くなり...
家具づくり

家具づくり

新築の時に、ほとんどの方が新調される“ダイニングテーブル”。それらは家具屋でもネットでも購入することができますし、安いも...