トップライト(天窓)のメンテナンス

トップライト(天窓)のメンテナンスを行いました。

住宅用のトップライトのメーカーはベルックス・三協立山・YKKAP・リクシルがありますが、三協立山とYKKAPはベルックスの商品を取り扱ってますので、実質ベルックスとリクシルの2社になります。
アークの家はトップライトはベルックスを採用しています。(2023年現在)

メーカーからメンテナンス専門の職人さんに来てもらったのですが、メンテナンス専門で各地回られてるとのことで、登り方から何からすごかったです。
社長曰く『金竹の獅子舞みたい』とのこと。ローカルですが分かる方には分かるはず!

こんな感じで、吹き抜けの上にあるトップライトを、室内から開けて屋根の上に出てました。
見てる方が怖いです。

まず屋根の上に上がって点検、降りてきて『現状がこうなっています。こういうメンテナンスを行おうと思います。よろしいですか?』というお話をしてからまた登って作業、完了後は放水テストで漏水がないかどうかの確認。
きちんとパッケージ化された内容で非常に関心しました。

ベルックス製のトップライトは10年間の漏水保証が付いていますが、10年目で安心点検を行うことで20年目まで延長保証されるとのこと。メーカーの資料

トップライトや窓周りは特に気をつかって工事していますが、最近の雨の降り方は異常なほど集中して降ったり、下から巻き上げて上向きに降ったり、何が起きるか分かりません。
保証があるに超したことはないです。

今後、トップライトがあって10年を超えてるお家には点検のお声掛けをしていこうと思います。
ご関心のあるかたは連絡下さい。

万が一落ちたらと思って下でそわそわウロウロしてましたが、何事もなく無事完了しました。
ありがとうございました。

目次