展示会

展示会に行ってきました。

建材や住設のメーカーさん、材木店さんがたくさん出展されてて興味深かったです。

中でも一番気になったのが養生テープの展示(・∀・)

養生テープとは、工事中に傷やホコリが行かないようにビニール等を貼る時につかうテープで、工事が終わると全て取り外します。

粘着力が強すぎると、テープを貼ったところの素材の表面がめくれたり、粘着のねちゃねちゃが残ります
かといって弱すぎると、すぐ外れてしまいホコリが入って、養生の意味がありません。
マジックで注意することの文字を書きたいときもあるので目立つ色が良いし
そしてテープの種類が増えると使い分けがややこしいのです。

同じ悩みの現場監督さんは多いはず!
というかオススメあれば教えてください!

ホームセンターでテープ買ってみてテストしますが、やっぱり実際の場面で使ってみないとよく分からなかったり。
でもやっぱり養生テープなので、徹底的に調べたことがありませんでした。

養生テープの粘着力はN(ニュートン)の単位で表されてるそうです。
25mm幅のテープで、強(10N)・中(7N)・弱(5N)の引っ張りに耐えます。
数字で表されてるので、メーカーが変わっても目安が分かりやすいです。

そして粘着力とテープの薄さ・柔らかさが重要とのこと。
テープを貼るときは、何かを重ねて貼るので凸凹します。
なのでテープが曲がりにくいと、貼った時は下地に沿ってても元の形に戻ろうとして剥がれてしまうのです。

解体前に養生したのに、次の日現場に行くとめくれてしまってるときありませんか?
私は昨日ありました。テープが分厚いのかもしれません。

テストで使ってみてーと1巻頂きました。ありがとうございます、Bullsさん。
使ってみます。

たかが養生テープ、されど養生テープです。

目次